『五十嵐 力』を私淑として

私が日本文の美文体を美文体になせる
文法的根拠を求め続けてたどり着いたのが、
明治40年に発行された

「新文章講話」

という日本語文章論の集大成本です。

当時の旧帝大(現東京大学)の
教養「修辞学」の授業のテキストとされたものです。

この本には、
できたてホヤホヤの
近代日本の日本語を使った文章の
あり方、書き方、テクニックまで、
すべてを網羅した600ページを越える
バイブル的教本です。

夏目漱石も、谷崎潤一郎も、川端康成も・・・

明治、大正期の文豪たちは、
この本を一度は精読したはずです。

後に、谷崎潤一郎が、
【文章読本】という
文章の書き方を説いたマニュアル本を出していますが、
その基になった本ということになります。

※原本は日本国中に、5、6冊残っていると
聞いています。非常に貴重な国語学的資料です。

この本の第2章に、
50のレトリックの活用法や効果などが
詳しく紹介されています。

ちなみに最初にあげられている
レトリックは、【直喩法】です。

今後、この50のレトリックについて
現代風に解説をアレンジを加えながら
魂を込めてお伝えしていきます。